矯正との出会い

副院長あいさつ初めて矯正と出会ったのは、私が小学生のときでした。私のそのときの歯並びは、左右とも典型的な八重歯!顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪く、犬歯が生えてくるスペースがまったくありませんでした。

幸いにも伯母が矯正医で、母に連れられて伯母の矯正歯科医院を受診しました。歯並びの悪さに早く気がついたため、とても早くよい歯並びを得られました。その後、鶴見大学歯学部歯学科に入学。歯並びを治してくれた伯母に憧れ、将来は絶対に伯母と同じ矯正医になる!と堅く思うようになりました。

卒業と同時に、大学の矯正科に入局。そこでも多くの先生方にご指導いただき、矯正を愛情を持って、とても厳しく教えていただきました。OB、OGの先生方の矯正専門医院でも勤務させていただき、多くのことを吸収しながら、多くの患者さまを治療させていただきました。また多くの先生方から、基本の大事さと常に学び続けることの大切さを学びました。

伯母は矯正医としていつも新しい技術や知識を取り入れるために、学会に熱心に参加していました。また、患者さまにも信頼され、いつも笑顔でやさしい先生でした。そんな伯母を目標に、いつか追いつけるようにと努力しています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください