副院長あいさつ

副院長あいさつ

目黒パークサイド矯正歯科の副院長、吉田智子です。
みなさまの矯正治療を行う私のことを少し知っていただけたらと思い、ごあいさつを書かせていただくこととなりました。

治療にあたっては、なるべくその方の気持ちに添えるように、コミュニケーションを大切にしています。まずは、患者さまを知ることから。患者さまのライフスタイルなどを知った上で、一緒に楽しく矯正期間を過ごしていければと思っています。

また、治療が終わったあとも「一生大事にしたい」と思っていただけるような歯並びを提供したいと考えております。これからも、患者さまがよい歯並びでよい人生を過ごすお手伝いをしてまいります。

矯正との出会い

副院長あいさつ初めて矯正と出会ったのは、私が小学生のときでした。私のそのときの歯並びは、左右とも典型的な八重歯!顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪く、犬歯が生えてくるスペースがまったくありませんでした。

幸いにも伯母が矯正医で、母に連れられて伯母の矯正歯科医院を受診しました。歯並びの悪さに早く気がついたため、とても早くよい歯並びを得られました。その後、鶴見大学歯学部歯学科に入学。歯並びを治してくれた伯母に憧れ、将来は絶対に伯母と同じ矯正医になる!と堅く思うようになりました。

卒業と同時に、大学の矯正科に入局。そこでも多くの先生方にご指導いただき、矯正を愛情を持って、とても厳しく教えていただきました。OB、OGの先生方の矯正専門医院でも勤務させていただき、多くのことを吸収しながら、多くの患者さまを治療させていただきました。また多くの先生方から、基本の大事さと常に学び続けることの大切さを学びました。

伯母は矯正医としていつも新しい技術や知識を取り入れるために、学会に熱心に参加していました。また、患者さまにも信頼され、いつも笑顔でやさしい先生でした。そんな伯母を目標に、いつか追いつけるようにと努力しています。

みなさまに、お伝えしたいいくつかのこと

【1】お子さまの歯並びを見てあげてください副院長あいさつ
自分の経験からも、子どものときに矯正相談をする大切さを痛感しました。まず保護者の方がお子さまのお口を見てあげてください。

実際私も、自分ではわからず母に連れられて矯正歯科を受診しました。今思うことは、子どもの頃母が歯並びを気にしてくれたおかげで今の歯並びが得られたことです。このことはお子さまにすぐに伝わらないかもしれませんが、必ず感謝するときが来ます。私もそうでしたから。

【2】大人になっても矯正はできます副院長あいさつ
私が治療させていただいてきた大人の患者さまは、ずっと歯並びを気にされていて来院された方が多くいらっしゃいます。治療でお付き合いさせていただく中で、今までの色々な思いを聞かせていただきました。

その中でも多かったのが「歯並びが悪いと、どうしても自信が持てず、性格にも仕事にも影響してしまう」とおっしゃる方でした。治療を終え、歯並びがきれいになったことで笑顔に自信ができ、自然とそのほかのことにも積極的になれ、とてもよかったと言われる方も多かったのです。

大人の方は目的意識がはっきりしていますので、治療も積極的でスムーズに行えます。また、男性のドクターに歯並びを見せるのは少し...と思われる方や、女性でないとわかってもらえないかな?とお考えの方などには、女性の立場でご相談に乗れたらと思っております。

【3】治療中の方へ副院長あいさつ
矯正治療は2年ぐらいと、虫歯の治療に比べて長いお付き合いとなります。治療に通っていただく時間を癒しの時間として有意義に過ごしていただけるよう、女性ならではの視点から、心やすらぐ癒しの空間を提供させていただいております。

・待合室は家のリビングのような落ち着いた雰囲気で、また、ミネラルウォーターサーバーもご用意しておりますので、ゆっくりおくつろぎください。
・院内は超音波式のアロマで素敵な香りがあふれ、リラックスしていただけます。
・エアコンの効いた室内は乾燥しがちですが、女性のお肌にとても効果的なナノ加湿器を稼動。潤いがあり、乾燥とは無縁の空間となっています。
・ボサノバをはじめ、主にヒーリング音楽をセレクトして流しています。

【4】最後に副院長あいさつ
治療が終わって装置を外した日、きれいな歯並びを見たときに患者さまが見せてくださる笑顔。このときのために毎日頑張っているような気がします。また、この感動と喜びの時間を共有させていただけるこの仕事の素晴らしさ。本当に、この仕事を選んだことに間違いはなかったと思います。

私はいつも、患者さまの喜ぶ笑顔を見ながら「本当によく頑張ってくださいました。お疲れさまでした」と思いながら、嬉しくなり笑顔がこぼれてしまいます。

きれいな歯並びになって思いっきり笑いたい、自信を持って話したい、子どもたちに素敵な未来をプレゼントしたい、そのようなみなさまの想いを現実にするための矯正治療を一緒に考え、実現するためのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

副院長経歴

副院長あいさつ【経歴】
東京都目黒区で生まれる
鶴見大学歯学部歯学科卒業
鶴見大学歯学部矯正科入局 診療科助手
日本矯正歯科学会 認定医
目黒パークサイド矯正歯科副院長

【所属学会】
日本矯正歯科学会
東京矯正学会
鶴見歯科学会

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください