装置が見えてしまうことが気になるあなたへ

通常、矯正装置は表側につけるものですが、裏側矯正は矯正装置を歯の裏側につける治療方法です。周りに矯正中と気づかれにくいため、口元の美しさを気にする患者さまに人気です。

裏側矯正

歯並びや口元が気になってきれいにしたいのに「表側に装置をつけ、さらに口元を気にしながら過ごすのはとてもいや」と思われるお気持ちや「お客さんと接する仕事なので装置が見えてしまうと困る」といった事情は当然だと思います。

そのよう方には、裏側矯正治療をお勧めします。歯の裏側に装置をつけて治療をするため、表からは見えず、ほかの人に気づかれることなく治療ができます。

見えない矯正を始める患者さまの数は、1年間で6,000人!裏側矯正
知っていますか?実は見えない矯正は、年間わずか6,000人にしか始められていないのです。日本で1年間に矯正治療を始める方は約12万人だそうで、その中で裏側矯正を始める方の数はわずか6,000人、たったの5%です。

ほとんどの矯正歯科医院、あるいは普通の歯科医院でも、見えない矯正、裏側矯正、舌側矯正をうたっているところがあります。しかし、実際に裏側矯正を始められる方はものすごく少ないのです。もちろん費用が少し高めなことも理由かもしれませんが、裏側矯正を希望していて治療できないとされても、当院の裏側矯正の技術は、表側矯正で可能な方ならばすべて裏側矯正で治療できます。

裏側矯正が日本で生み出されて以来30年、技術は進歩し続け、今では表側矯正以上の治療結果が得られるようになっています。表から見えない矯正治療を希望される方は、どうぞご相談にいらしてください。

当院では、大学病院矯正科、裏側矯正専門医院で10年以上治療し、豊富な経験を積んだドクターが治療にあたりますのでご安心ください。また、日本舌側矯正会員で、定期的に国内、国外の裏側矯正の学会、セミナーに参加し、裏側矯正のドクターのネットワークの中で情報交換も行いながら研鑽を続けています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください