唾液検査について

唾液の状態は虫歯と密接に関わりがあることをご存知ですか?当院では専用機器を使って唾液を検査し、虫歯のリスクを測定します。

唾液検査

あまり歯をしっかり磨かないのに虫歯にならない人がいたり、一所懸命歯磨きしているのに虫歯になりやすいって悩んでいる人がいたりしますよね。

実は、唾液が影響しています。
唾液が?って思いますよね。

唾液は、いろいろな虫歯を防ぐ作用を持っているのですが、その中でも優れているのが酸を中和してしまう能力です。虫歯は、細菌が作り出す酸で歯が溶かされて進んでいくのですが、唾液はその酸を中和してしまいます。細菌がいくら酸を作っても、中和してしまえば虫歯にならないのです。

虫歯になりやすいのかなりにくいのか、唾液検査で簡単に正確にわかります。一度、検査をしてみませんか?

虫歯になりやすいかなりにくいかは、唾液だけではなく、お口の中の環境、生活習慣なども影響します。お口の中の細菌の状態も含めて検査し、患者さまが虫歯にならないためのプログラムを作ります。

当院で矯正治療を始める方は、検査の中に含まれています。プログラムを作成してから、治療を始めます。矯正治療を予定していない方でも、また、ほかの歯科医院で装置を入れているけど心配だな、と思われている方でも検査はできます。

検査の流れ

検査の流れ【STEP1】唾液を摂取し、量と質を調べます。
次へ
【STEP2】「チェックバフ」に滴下し、唾液緩衝能(酸性に偏った口腔内を中性に戻す力)を調べます。
次へ
【STEP3】専用培養器にて、2種類の細菌を培養します。
次へ
【STEP4】ミュータンス菌を培養します。
次へ
【STEP5】ラクトバチラス菌を培養します。

検査の流れ当院では、唾液検査キット「Dentocult」を使用しています。このキットは、WHOの疫学調査で使用されているほか、予防歯科医療の進んだ欧米の多くの大学、公的機関、そして日本の多くの大学でも導入されている、世界標準の検査キットです。世界標準で分析した検査結果が得られます。

検査の前に気をつけること
・検査の1時間以内に飲食や喫煙をしないこと
・歯磨きは1時間前までにすること
・検査の12時間以内に、マウスウォッシュなどのアルコールを含んだ洗口液で口をゆすがないこと
・風邪などで病院から薬などをもらっている人は検査ができるか必ず確認すること

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください